2月11日は日本の誕生日、建国記念の日です。

戦前は紀元節と言い、初代天皇である神武天皇が即位した日に基づき、紀元の始まりを祝う日として1873年、明治6年に制定された祝日なのです。国旗・国歌・国の記念日などは世界各国何処の国にもあり、それらを以て国家国民の団結、幸せを願うのは当然のことだと思います。しかし、現在の日本国憲法を作り上げたGHQ(戦勝国)によって天皇を中心とする日本人の団結力が再び高まるのを恐れ、日本国憲法の精神にそぐわぬとして無理矢理に昭和23年に廃止されたのです。

それだけではなく、日本は敗戦により憲法を始め、様々な点で我が国の歴史・伝統・文化そして民族性までもを否定されてしまいました。もちろん戦争に負けた事自体の責任はありますが、自衛の為に戦い、世界を相手にたった一国で4年という長きに渉り戦い続けた国家は日本だけであり、決して野蛮で非道な国家ではなく、大東亜共栄圏の中でアジアを代表して人種差別撤廃を訴え続けた輝かしい唯一のモラル国家なのです。

又、世界大戦当時に侵略と言う概念は全く存在していないにも関わらず、戦勝国の国々から無理矢理侵略国家の汚名を着せられ、第二次世界大戦の全責任を取るべきと犯罪国家と蔑まれ、東京裁判では不法にも一方的に裁かれたのです。

そして、日本弱体化政策により日本国全体が洗脳され、誇りも戦う気力も失いつつあった中でも、紀元節を復活させようという国民全体の強い意志が高まり、昭和41年には佐藤栄作内閣により大変な紆余曲折の中、建国記念の日として、日本再生の一つとして再制定されたのであります。今、韓国・北朝鮮がオリンピックを政治利用し手を組み、我が日本を敵視しする両国が急接近している事に、日本国家国民はいい加減、戦う恐怖から目を覚まし、一色触発の現実をしっかりと捉えるべき時なのです。

この先、日米同盟が更に対等で確固たるものになる為には、まず根底にある国民意識の改革であり、今年こそは中国、ロシア、韓国、北朝鮮の近隣諸国からの内政干渉をやめさせ、言われのない金(税金)を取られず、いじめられる日本から脱却し、世界中に嘘で黒塗りにされた東京裁判史観を払拭し、世界の先進国日本というのは経済だけで無く、アジアでの輝かしい数々の栄光と歴史があるということを是非、国民全体で再認識して頂きたいのです。

これら現実を捉え、我々菊守青年同盟は、直接的且つ間接的行動を以って国家の改革を成す、という精神で戦い続けると同時に、本日の建国記念の日は、「建国をしのび、国を愛する心を養う日」であり、我々が生まれたこの国の誕生日に対し、ただの祭日ではなく大切な祝日として皆様の心の中で、日本国家国民の将来について今一度、国家の在り方を考えて頂ければと切に願う次第であります。

おすすめの記事