北朝鮮によるミサイル発射はまだ記憶に新しいが、その親分とも言える同じ共産国家中国も日本に核ミサイルを向けていることを忘れてはいけない。今では国連に北朝鮮が暴言を吐いても誰も何も言えずにいる。この共産連合とも言える脅威を日本国民こそ感じ取るべきである。

日本が領海を少しでも越えたり、その付近にいただけで拿捕、射殺されているのにミサイルによる領空侵犯をされても日本国家国民は危機感どころか現実性のない問題に捉え、まるで人ごとであり、マスコミなどは北朝鮮のミサイルが成功か失敗かなどと馬鹿な論議をしているのである。現実、日本の尖閣、竹島などは殆ど占領された状態であり、日本の海上保安庁は近寄ることすら出来ていない。

今回の北方領土問題も三島返還と言われているが、島自体は何の権益もなく元々の海域の利権は島とは別に少しも日本に戻るはずが無いのではないか。「日本外交とは」についての議論は散々聞いてきたが、軍事力の背景なしに外交は語れないのである。国家として危険な中国、そしてパキスタンや北朝鮮までもが核を保有し、軍事力として外交のカードの切り札としている国々に対し、日本はカードどころか核保有の話しすら出ずに核の問題を批判しているのが現状である。

日本こそ先進国として核を持ち世界と対等に外交し、理不尽で野蛮な共産国には一歩も引かず渡り合い、国家国民の生命と財産、すなわち国益を守るべきである。非核三原則の矛盾は国内の政治家も次第に溢すようになり、もし日本が核を保有した上で三原則を破棄すれば、諸外国も日本を軽視することは絶対に出来ないのである。

おすすめの記事